リフォーム工事 大トラブル発生

今日はキッチン解体の日です。
パナホームの我が家です。
解体するとリフォーム業者からすると配管したいところに鉄骨が出たり
キッチンが付いていた壁が空洞であったりと出てきます。
フローリング床は全貼りしてからキッチンを乗せていたのでそれだけは喜ばれました。

明日はキッチンが入って土曜日には使えるはずでした。
そこで1期工事が終わりの予定でした。

担当の営業の人がやらかしました。
明日、TOTOのキッチンの手配が出来てない。

クリナップのキッチンも見たいと両方で見積もりをしてもらってました。
展示場を見て1月の初めにTOTOに決めるメールを入れてました。
そこでどちらかの確定を申告しないといけないのを忘れていたとのことです。

今日も6時過ぎまで工事が続き7時過ぎに担当の人が来ました。
なんだろね~と受け入れたらこんな顛末です。
私もじいじも起きたことは仕方ないとあきらめるタイプです。

仮のキッチンを明日入れて再工事になるとか説明を受けました。
担当の人は2月に結婚したばかりです。
これはみっちり会社で新婚呆けかとなじられていると思います。
こんなに工期をゆとりを持って進める人はいないと言っていたのでそれがアダになってしまったのでしょうか。

今日退院したじいじは出来上がった浴室、洗面所、トイレ上下を点検して満足してます。
お風呂場の大きさはは前と同じなのに浴槽は私が入った時に足を伸ばせました。
じいじも前より浴槽がゆったりしてくつろげると喜んでました。
そして床がフラットになって滑りにくくなったこと。

そして一番はリビングから洗面所に行ける引き戸を付けたこと。
これでとても動線がスムーズです。
いったんリビングの扉を開け廊下に出て洗面所の扉を開ける。
それが引き戸を開けたら洗面所。
じいじもこれは楽だわ。

私が80才のおばあさんだったらの思いでリフォーム工事を進めました。
明日、キッチンがどうなるかの連絡が来ます。
願わくばGWまでに完成したらいいのですけど。


   上のバナーからミンネの私のギャラリーに行きます。
   作品をご覧になってくださるとうれしいです。


   ハンドメイドブログランキングに参加しています。
   ぽちっと押していただくとはげみになります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサーサイト

COMMENT 0