オヤの手法でネックレス

16-08-25-15-04-45-932_photo_convert_20160826195959.jpg

16-08-25-15-05-05-063_photo_convert_20160826200023.jpg

16-08-25-15-06-43-236_photo_convert_20160826200046.jpg

昨夜、紹介した分の残りで完成させた分です。

母から昨夜、着信がありました。
用事があるならまたかかってくるだろうとほっておきました。
今朝、電話があり何を言うかと思ったら網戸を貼り直してくれない?
え!~~~私は出来ないよ。
あんたはなんでもできるからと思ったのに。

実家の母は60代から父に頼りきりの人生でした。
更年期からうつになり3年、5年、そして7年と50代前半から繰り返してました。
かかっては小康、またを繰り返しました。

父が70才の時(15年前)に肺気腫でガスコンロからIHに変えることになりました。
その時に実家の台所の床やガス回りのタイルがひどいことになっていたので
クッションフロアを床に貼り、タイル目地を治すのをホームセンターでみつけてきて
土日の休みの2回でプチリフォームしてあげました。
今もそれはまだ保ってます。

それがあったので私がなんでもできると思いこんでるのでしょう。
それ以外にも我が家もほとんど私がいろいろ自分でしてます。
出張が仕事のじいじを待っていたらいつのなるかわかりませんから。
じいじは網戸貼はうまいので帰ってきたらお願いするつもりです。
たまにはうちの実家のお世話もお願いしないとね。


ハンドメイドブログランキングに参加しています。
ぽちっと押していただくとはげみになります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 2

孝ちゃんのパパ  2016, 09. 12 [Mon] 14:56

こんにちは。

僕の母と同じような状況ですね。
でも遥かに軽いような感じでしょうか?

母も父にすべて頼りっきり!
父は一言も文句も言わずに行っていました。

正式な病名はわからなくとも
母がちょっと変わっていることは自覚していたのでしょう。

父も母を残して旅立って行ったのは心残りだったでしょうが
母は叔母の尽力により最後には穏やかに旅立って行きました。

夫婦の関係はこの歳になっても
未だに完璧にはわからないことが多いですね。

Edit | Reply | 

夏生舞緒  2016, 09. 12 [Mon] 23:01

Re: タイトルなし

母の子供は同居している弟(独身)
長女の私は車で5分の所に居住。
そして妹は車で15分の全部市内に住んでます。
妹は90才を超えた姑さんを自宅介護してます。

舅姑は兄夫婦がみてくれてます。
車で10分の所に居住してます。

さあて今から何が起こるやらです。
ただ、自分たちは誰もみてくれんよね~~。
見られんしね~~~です。

Edit | Reply |