老老介護ですね

じいじの両親は兄夫婦が同居してみてくれています。
兄が66歳姉が63歳になります。
これまでのことは書くと大河ドラマになりそうです。

この9月に舅は88歳姑は87歳になります。
舅は80歳ぐらいから痴呆が出始めました。
2年前に最初の入院をして心臓の弁がきちんと機能していなことが解りました。
退院後にやっと介護認定を受けてくれました。
昨年末の入院で糖尿病も発症してインシュリン投与です。

姑は20年前に子宮癌から始まりその頃から痴呆症状は出てました。
舅が始終いっしょにいるので大きなことにはなってませんでした。
今、二人は減塩食、糖質制限食を義姉に作ってもらって食べている状態です。

30年以上前から姑の妹がなにかにつけ送ってくる物があります。
赤飯におこわでの味ご飯、もち。
大きな農家なので舅たちがこちらの海産物を送ると
お礼にと野菜とともに送ってきます。
そして自家製のお味噌も毎年送ってきます。
福島なのでとても塩分のきついお味噌です。

これを二人に食べさせるわけにはいかないので
義兄がもう食べられない状態なのでお気持ちだけいただきますので
次回からは送らないでください。
それから昨日で5回目の送り付けです。

送る前に食べられませんから送らないでくださいとお願いしたら
翌日にもうお米が浸してあるからもったいないから送ります。
舅の一番下の妹が義兄の1歳上なので相談したら
しっかり呆けてるから何度言っても聞かないと思うよだって。

その分、全部が私の家に押し付けられるわけで
会社に持っていって同僚に配ってました。
昨日分はもらっても月曜日まで3日間です。
この暖かさなのに送ってくる時に普通便です。
恐ろしくて食べられません。

お味噌も前回の荷物の時に5キロ以上送ってきました。
半分持っていくようにと言われましたが
じいじも今ファーファリンを飲んでいる状態で減塩食です。

さてこの顛末はどうなるでしょう。
今回も義姉に1時間以上愚痴を聞かされました。
私としてはそれしかできません。

たんたんと書きましたがここに心情を込めて書くとどんなに恐ろしい言葉が私から噴き出すか。
親をみる最後の世代、子供に老後をみてもらえない最初の世代。
そんな私たち世代なので子供に嫌がられないかわいいおばあちゃんになりたいです。


ハンドメイドブログランキングに参加しています。
ぽちっと押していただくとはげみになります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0