fc2ブログ

いきなりの旅立ち

長きにわたり闘病を続けてきた夫が旅立ちました。

余命宣告を受けてから夫婦で家族でどういう治療をするか話し合いました。
抗がん剤治療をしても余命が伸びる可能性はあまりないとのことで
元気に動けるうちにしたいことをするという余命の生き方の選択になりました。

その後はどういう葬儀をするかを夫婦で話し合いました。
夫の母が昨年の2月末に亡くなって兄が葬儀を取り仕切ったのを見て
夫は自分は本当の家族葬でいい。

昨日、今日と参列していただいたのは兄夫婦、私の妹夫婦、弟と母。
そして娘と姉妹孫たちです。

土曜日の夕方に家で倒れて救急車を呼んだのですが道の入口が夫の元上司の家です。
しっかり道まで出てきて誰かに知らせるなら手伝うと言葉をいただきました。
もうちゃんと知らせは自分でできますとお断りしました。
結局、救命処置をしていただきましたが旅立ってしまいました。

家族葬をする葬祭場に病院から直に入り翌日、通夜、そして今日の告別式の流れになりました。
外に案内版を立てないこと、もし問い合わせがあってもお断りをすることをお願いしました。

しかし、入り口の元上司の口伝に動ける人が市内の葬儀場を回り
たまたま、駐車場で荷物の出し入れをしていた兄を見つけられてしまいました。
故人の遺志ですので家族葬で執り行いますので参列はお断りしますと伝えてくださいと言ってくれました。

そして通夜の日の夜に前に行っていたスポーツクラブの友人たちと合同送別会があり
金曜日に夫が高熱を出したのでとお断りしてました。
土曜日、日曜日の朝と夫の体調を気遣うラインを3人からいただいたのですが返事が出来ません。

今朝、その友人の一人が兄の携帯電話を知っているので私も含めてラインが既読にさえならない。
近所の人のいうことでは救急車が来たとのことで大丈夫かと聞いてきた。
とぼけてもらったそうですが娘から嘘ついておこらるのも参列を断っておこらられるのも同じだからラインの返事はまた連絡しますとでも入れたらと言われました。
3人にまた連絡しますとラインしたら深くは聞いてきませんでした。

夫の希望通りの家族葬で暖かい葬儀で送ることができました。
参列者が10名ほどならこの祭壇と供物で夫の望んだ簡素ながら満足できる規模でした。

夫の死亡原因はその日の担当内科医はガン末期による死亡としか言えません。
CTもかけましたが外的要因、頭内出血、心不全、肺炎、誤嚥などの明確な所見はないとのことでした。
いろんなリンパ節への転移、肺への転移もかなり多くなってました。

11月末の検診で余命3ヶ月と言われてそれから時々口にし始めたのは暖かくなるまでは無理かな。
お正月明けからは1月いっぱいもつかな。
私は家で自分のことは全部していたので緩和ケア病棟に入る状態になることだと思ってました。
事実、あと半月ぐらいしたら家にいたいと言っても緩和ケアへの入院を勧めてました。

娘が言いました。
どんどん、ひどくなるのにすごく頑張っていた。
日々、一緒に過ごしている私は鈍感になっていたのかもしれません。
夫はともかく病院に行きたくなかったのでぎりぎりまで私に弱音を見せてなかったのでしょうね。

たった10日前の弱音がそんなに重大な告白だったなんて気づいてませんでした。
いえ、解っていたけど夫の言葉を待ってました。
どうにもならない所まで家にいたい。
その思いがかなって旅立った夫は満足してもらえたでしょうか。
それはもう聞くことはできません。

緩和ケアで痛みの調整のために10日間入院した時に他の方の状態を見ました。
そのことでより入院したくないと感じたのかもしれません。
ともかく無理をしても私には迷惑をかけない状態で家にいたい。
本当に最後まで頑張り屋の夫でした。

昨年母(姑)を亡くし夫を亡くし90才の父(舅)老健施設入所中が残りました。
父は今年のインフルエンザ騒動でかなり弱ってきています。
夫の余命宣告も伝えてありましたがやはり高齢と認知症が進んでいるのか
昨日兄が伝えたけれど覚えていなくてショックを受けたそうです。

このブログは今日を持って終了をさせていただきます。
私の忘備録としてのブログです。
でも同じ苦しみの方がご覧になってこういうのもあるのね。
それが参考になるかはわかりません。

では ありがとうございました。




スポンサーサイト



家事リタイア 左足が上がらない

前回のブログでは緩和ケア病棟の面談があったところで終わりました。
12月17日に入院させてもらい痛み止めを合わすための入院です。
それ以外治療的なことは一切ありません。

3日目でうまく痛み止めの調整がきき、左足の痛みもなく夫は楽な顔になりました。
週末3連休があるので22日の土曜日に一時帰宅で24日の月曜日に病院に戻りました。
孫たちも21日に学校が終わったので22日からこちらに来ました。

26日には退院して孫たちと年末年始を迎えることが出来ました。
病院は暖かいですが家は寒いのです。
やはり、痛みはぶり返したりします。

高額医療保険の申請をしているもの緩和ケアの入院費は高いです。
たった10日ですがとても恐ろしい金額の請求ですが3割なので範囲で済みます。

1月9日に緩和ケアの外来で痛み止めをもう一段階上げてもらいました。
麻薬系の痛み止めの最高が60で40まで行きました。
2週間ごと、いく度に上がっていきます。
その日の問診は薬が効いて楽になったと言ってました。

11日は泌尿科の検診です。
そこでもまあまあと言ってました。
その翌日から左足を引きずってます。

今年は暖冬気味だと思います。
最低気温は0度近いですが今の時期まで最高気温が10度に近いのはありがたいですs。
それでも夫はこの寒さが堪えています。

夫は前から家にいる時はゴミ出しをしてくれます。
これはとてもありがたいです。
そして定年になってから洗濯をして干して取り込みまでしてくれます。
自分の仕事にしたようです。

そんな夫が今夜、もう左足が動きにくいので明日のゴミ出しは行けないと思う。
そして洗濯も干せないかもしれない。
今まで、してくれてありがとう。
大丈夫ですよと言いました。
そして今、何か必要なのがあったら言ってね。

こちらが求めているわけでもないのですが長年にわたり仕事上
家に不在だったことを申し訳なく思っての行動なんでしょうか。
私はそこにはなんとも思ってないのですがね。

緩和ケア病棟 面談

担当医から緩和ケア病棟への予約的な面談を勧められ今日行ってきました。
まだ11月から稼働し始めたばかりで医師も看護師もきちんと把握してません。
緩和ケア病棟の方で面談と説明されていたのですが
そちらに言ったら緩和ケア外来の受付に行ってください。

面談も医師から入院をされますか?的な話から始まります。
そうではなく自宅で歩けなくなったら入れますかの確認のための面談のつもりです。

医師からはいろいろ説明を受け今の痛みを止める薬よりもっといい状態で薬を上げて
自宅での生活を痛みを感じることが少なくなるための入院もできます。
1週間から10日間の期間になりますが一度入院してみますか?

夫は孫たちが年末に来るので正月明けにと言いましたが
私はどうせトライするなら早めに調整して年末には退院した方がいいと説得しました。
うまくいくかどうかは解りませんがやってみて孫たちのいる時に明るい顔で
たぶん最後になる一緒の時間を過ごせたらいいと願います。

夫はもう入院したら絶対退院できないと感じています。
そして痛み止めを多用すると意識障害が出て生活に支障が出ると思いこんでいます。

痛み止めを飲まずににがい顔をしてため息をついたり
寝込んでうめいたりしているのは残りの日々を過ごすのに正しいことなのでしょうか?
たとえ1時間でも痛みをあまり感じることなく生活することを優先すべきだと私は思います。

また、金曜日に2週間づつの検診にいきます。
緩和ケア病棟の入院についても説明があるでしょう。

余命3ヶ月

2週間前に薬を変えてもらいました。
そこから座薬の代わりに頓服薬の麻薬系の痛み止めに変わりました。
これは1時間開けたらどれだけ飲んでもいいと聞きました。

その前の2週間の辛そうな毎日の顔は激変です。
メインの薬は12時間の痛み止めですが効かなくなったら頓服を服用です。
最高、1日で5つ使うこともあるので2週間の間に追加でもらってきました。

今回はメインの痛み止めが5ミリから10ミリにレベルが上がりました。
最高値は40ミリです。
医師はこの状況でこのレベルの痛み止めで我慢できているのはすごい。
まだまだ、痛み止めはありますから。

それを聞いて夫は安心して我慢していたのをやめると言いました。
もうこの状況で何を我慢するのでしょう。
痛みを取ることが一番でしょう。

医師からは普通この状況だと余命3ヶ月だと思いますが
ご主人は頑張られてますね。
ただ、終末期は入院ということなのでこの秋に出来た緩和ケア病棟の予約面談を入れましょう。
いきなり、入れてくれでは入れないのでご夫婦がしっかりぎりぎり自宅看護を考えているなら
今のうちにきちんと終末期の緩和ケアの話をしておきましょう。
12月13日に予約が取れました。

この予約が取れたら夫が家の中でトイレと風呂が出来る間は安心して家で看護できます。
でもこんなにたんたんと進めていいのだろうかと思うこともあるのですが
もう、4年めにも入るとそんな気持ちにもお互いなります。

余命 半年以内

午後に夫が前回の検査に追加してもらった座薬の痛み止めが1時間も効かないから主治医にもっと強い薬を処方してくれるように病院に行ってくれ。
これに関して病院ともいろいろあったのは省きます。
担当医は手術日でしたばその後の時間に来てくださいとのことになりました。

病院から時間指定の電話があり夫とともにと言ったら奥さんだけでいいですとのことでした。
前回、10月26日に半年検診のCTの結果を聞き痛み止めの追加の座薬をもらいました。
その時、今後の話も聞かれました。
どこまで在宅医療で看取るかです。
自宅で動ける間は痛み止めで対応します。

今回の痛み止めは麻薬系の痛み止めになりました。
とうとう末期の状況になりました。
それをふまえて奥さんはどうしますかでした?
だいたいはここまでくると家族の方が入院させてくれと言うのが多いです。

入院したらもう戻ってこれませんよね。
まだ自分で家の中は歩けます。
食べる量はかなり減り痛み止めを飲むために食べている状態です。

今後どう終わりに向かうのですか?
体力が落ちることによっていろんな症状が出てきます。
なら動ける間は自宅で過ごさせます。
夫は一生懸命我慢しているのですから家にいたいという気持ちを優先させます。

背中の痛みで寝られないとのことで介護ベッドのように背が上がるベッドを買いました。
痛みが取れるならとマッサージ器も買いました。
食生活は癌系のいいのは全て試して今はR1です。

孫たちはお盆前に来て18日間こちらで預かりました。
その間市民プールに10日以上行って姉孫は50メートルをクロールで泳げるようになりました。
秋の運動会にも行って応援できました。
前回の医師の診断予測より元気を保ち夏の間は楽しく過ごせました。
この寒さが来てから一気に体調不良になってしまいました。

前回の検診で次は2ヶ月後の予約でしたが2週間後30日の予約を勧められました。
今回の痛み止めの状況の確認もしたいしこれからもっと痛みが増してくるだろうからでした。

私は30日から3日間、初めての単独ハンドメイドの展示会に出品予定でしたが取りやめました。
もう出展料の12500円は戻ってはきませんがこれは仕方がありません。
今は夫の最後をきちんと付き合っていくことが最優先です。
プロフィール

雅緒

Author:雅緒
2019年1月からガラス工芸(バーナーワーク)始めました。
娘がガラスの素材作家して活動しています。
眼鏡止めや穴開け、ヒートンキャップ付けなどを手伝ってます。

私はミンネでレース糸での作品をメインに販売をしています。

編み物教室、パッチワーク教室、クライ・ムキ式のロックミシン教室の講座の終了証をいただきました。

還暦を過ぎ今できることを日々楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
最新コメント